ベアリング部品製造の昭和精工 TOP >> 会社概要・生産拠点>>行動規範

行動規範

1.法令の遵守
法令を遵守し、立法の趣旨に沿って公明正大な企業活動を行い、社会の信頼に応える。
私たちは、自社が果たすべき社会的責任を自覚して、法令、社内規定等に則って日常業務に取り組むとともに、社会人としても良識ある行動をとります。
2.社会とのコミュニケーションの促進
私たちは、社内外から得た情報については、良い情報、悪い情報を問わず、迅速に必要な部署に届くよう
「報・連・相」を徹底します。
3. 地域との共存
地域の健全な発展と快適で安全・安心な生活に資する活動に積極的に参加・協力し、地域との共存を目指す。
わが社は「地域社会の一員」として、地域活動に積極的に参加し、住みよく、豊かな地域社会づくりに
貢献します。
4.環境保全への寄与
環境に配慮した企業活動を行い、環境と経済が調和した持続可能な社会の構築に寄与する。
ひとりひとりが日常業務の中で「ムリ・ムダ・ムラ」をなくすよう努め、省資源・省エネルギーを徹底して、環境にやさしい職場を目指します。
5.顧客との信頼関係の獲得
顧客のニーズにかなう商品・サービスとそれらに関する正しい情報を提供するとともに、顧客情報等を適切に保護・管理し、顧客の信頼を獲得する。
私たちは、お客様のあらゆる声に耳を傾け、誠実に応えるとともに、お客様の目線でものを考え、
お客様本位の対応を行います。
6.取引先との信頼関係の確立
公正なルールに則った取引関係を築き、円滑な意思疎通により取引先との信頼関係を確立し、
相互の発展をはかる。

わが社は、取引先と透明性の高い公正で健全な関係を築き上げ、相互の繁栄を考えた取引を行うよう努めます。
7.従業員の自己実現への環境づくり
従業員の人格、多様性を尊重し、公平な処遇を実現するとともに、それぞれの能力・活力を発揮できるような職場環境をつくる。
昭和精工株式会社では、働く者全員がそれぞれの人権、その他の権利を尊重し、不当な差別を行わず、安全で働きやすい快適な、人にやさしい職場環境づくりに取り組みます。
8.出資者・資金提供者の理解と指示
公正かつ透明性の高い企業経営により、出資者や事業資金の提供者の理解と支持を得る。
わが社は、誠実かつ健全な企業経営を継続することで、社会から信頼される企業となるよう努力します。
9.政治・行政・取引先との健全な関係
政治・行政とは健全かつ透明な関係を維持し、不当な癒着や公正さを欠く活動を行わない。
政治家、公務員・取引先とは、透明性の高い関係を維持するように心がけ、公私を問わず過剰な接待、贈答などは行いません。また、社会的儀礼の範囲を超える贈答、過剰な接待はこれを受けてはいけません。
取引先に対し、賄賂の提供、その提供の申入れ・約束を行いません。同様に、取引先より、賄賂を受けたり、その提供を要求したり、不正な行為は行いません。
10.反社会的勢力への対処
社会秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力、団体に対しては、毅然とした態度で対処し、あらゆる関係を持たない。
社会秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは、一切の関係を持たないとともに、不当な要求にも、
妥協せず毅然とした態度で対処する。