会社概要・生産拠点
ベアリング部品製造の昭和精工 TOP >> 会社概要・生産拠点

会社概要

会社名 昭和精工株式会社
代表者名 代表取締役社長 植野 徳仁
電話番号 072-436-1848
FAX番号 072-439-6389
営業日・営業時間 平日(土・日休日) 8:00〜17:00
住所 〒596-0013
大阪府岸和田市臨海町20-2
対応地域 全国
設立 1961年7月
資本金 8,000万円
売上高 184億円(2014年度)
社員数 603人(2015年6月現在)
敷地面積 52,345u

会社沿革

1961年 昭和精工(株)設立 社長 植野正一
資本金 200万円 所在地堺市
1963年 光洋精工(株)と取引開始
1970年 冷間鍛造部門に進出し、鍛旋一貫加工開始
1972年 NTN東洋ベアリング(株)との取引開始
香川県に工場用地(11,187u)取得
1973年 阪神精機(株)を買収し、冷間鍛造部門の拡張を図る
1976年 旋削専用機を開発 冷間成形加工技術開発
(内輪内径、外輪軌道旋削省略)
1978年 刃具、治具の自社生産開始
1981年 海外との取引開始
1983年 本社を岸和田市に移転 2交代の生産体制開始
1984年 阪神精機(株)を吸収合併
1986年 隣接工場5,000uを買収し工場拡張
1989年 温間鍛造部門に進出
1990年 NC旋盤機50台新設
多品種小ロット体制となる
(O. D80mm〜150mm)
売上高50億円達成
1991年 自動車部品の加工開始
1994年 昭和テック(有)設立 単機能NC旋盤を自社開発
1995年 第二代社長 植野正仁 就任
会長 植野正一 就任
5,000uの土地と工場を貝塚市に取得(現貝塚工場)
1996年 熱間鍛造部門に進出し、素材から旋削までの一貫加工となる
1998年 貝塚工場で生産開始
1999年 構造改革実行
2000年 ISO9002認証取得 登録番号JMAQA-794
2001年 貝塚工場新設
自動車部品の売上高10億円達成
2002年 岸和田工場北に3,300u工場取得
北工場新設
2003年 熱間ホーマー2号機増設
特高受電設備導入
岸和田工場東に8200u工場取得
2005年 焼鈍炉設置
売上高100億円達成
2006年 1600t冷間鍛造機設置
2009年 ちきり工場稼働
ISO14001認証取得 登録番号JMA QA-E776
2011年 代表取締役社長 植野徳仁 就任
焼鈍炉3号機設置
2013年 AGC(北米工場:Advanced Green Components)運営開始
 2014年 橋本工場新設 真和テックを移設
新冷鍛棟竣工 新規冷間鍛造機1600t追加、1600t、1000t移設
2015年 焼鈍炉4号機設置
 2016年 真和テックを吸収合併し、昭和精工(株) 橋本工場となる 

アクセスマップ

生産拠点

本社・岸和田工場

(昭和精工・昭和フォージ)

本社・岸和田工場

大阪府岸和田市臨海町20-2
TEL 072-436-1848
FAX 072-439-6389
土地面積 13,212u
建物面積 12,219u

ちきり工場

(昭和精工)

ちきり工場

大阪府岸和田市岸之浦町10-1
TEL 072-431-0802
FAX 072-431-0826
土地面積 17,652u
建物面積 10,931u

貝塚工場

(昭和ステアテクノ)

貝塚工場

大阪府貝塚市二色中町8-4
TEL 072-436-4391
FAX 072-436-4392
土地面積 5,002u
建物面積 5,869u

工機工場

(昭和テック・昭和ツールテクノ)

工機工場

大阪府岸和田市臨海町20-73
TEL 072-433-3607
FAX 072-433-3927
土地面積 1,602u
建物面積 1,084u

橋本工場

(昭和精工)

和歌山県橋本市紀ノ光台3丁目1-25
TEL 0736-26-3100
FAX 0736-26-3105
土地面積 21,058u
建物面積 13,190u

中国工場

(常熟翔和・翔輪・翔刃精工)

中国工場

常熟市高新技術産業園蘇州路32号
TEL 86-512-5153-9000
FAX 86-512-5153-7676
土地面積 33,100u
建物面積 18,647u

アメリカ工場

Advanced Green Components

4005 Corporate Drive
Winchester, Kentucky 40391
TEL 1-859-737-6000
FAX 1-859-737-4666
土地面積 117,000 square feet

ベアリング部品・リダクションギアのお問い合わせは昭和精工へ